LEVI STRAUSS JAPAN

VISION

ABOUT LEVI’S® | リーバイス®社とは

すべてのジーンズはリーバイス® から始まった。

すべての始まりは1873年5月20日。リーバイ・ストラウス&カンパニーは、取引していた仕立屋のヤコブ・デイビスとともに「衣料品のポケットの補強に金属リベットを使用する方法」の特許を取得しました。この時、この世に初めて、“ジーンズ”が誕生しました。リーバイ・ストラウス&カンパニーが創業したのは、その日からさかのぼること約20年前、米国が開拓時代のまっただ中にあった1853年です。

image1829年生まれの創業者リーバイ・ストラウスは工夫を重ね、耐久性のあるジーンズを作り上げました。

当初は衣服や生地、雑貨等を扱う雑貨卸事業を手掛けていましたが、創業者のリーバイ・ストラウスはやがて、ゴールドラッシュに湧くカリフォルニアの金鉱で働く人々の声に耳を傾け、エポックメイキングな商品を創り出します。過酷な労働にも耐える、丈夫なワークパンツがほしい――そんな願いを叶えたのが、耐久性のあるデニム地を使い、ポケットを金属のリベットで補強したジーンズでした。

時代は20世紀、21世紀と移り変わり、金鉱労働者のワークウェアだったジーンズは、より多くの人々に愛されるファッション・アイテムとして認知されるようになりました。その進化を牽引してきたジーンズのオリジン=リーバイス®ブランドは、創業者の理念であった「人々の声、社会の声に耳を傾けること」を伝統として受け継ぎ、ビジネスで収益を上げることだけを目的とせず、CSR(企業の社会的責任)に通じる考え方を持ち行動してきました。リーバイス®は過去も、現在も、そして100年後も、人々に愛される永遠のマストアイテムとして、輝き続けます。